エンタメリサーチ 自主調査レポート vol.4

世間の約3割はテレビ番組の作り手を気にしていない!?~脚本家編~

今回、パイルアップ株式会社では、2020年3月18日(水)~2020年3月25日(水)の8日間、全国の15歳~69歳のテレビを1日1~2時間程度以上見る人1200名を対象に「テレビ」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。


【研究員の狙い】

私は、いつからか様々なテレビ番組を見る際に誰が制作に関わっているのかを気にして見るようになりました。(仕事柄かもしれませんが・・・)それを気にするようになってから「〇〇さんの作っている番組によく出ているこの芸人さんおもしろい!」「〇〇さんのドラマがやるから見よう!」など楽しみ方にも幅が広がるようになりました。
そこで、テレビ番組の中でも私が特に好きな「ドラマ」と「バラエティー番組」に絞り、今回の調査を行ってみました!今回は、ドラマの脚本家編をお届けします。

研究員とは… テレビ、雑誌、ラジオ、音楽、マンガなどエンタメ好きの弊社社員で、「エンタメリサーチ」の担当者です。


Q4 テレビドラマの脚本をしている人の中で「この人が脚本をしているとドラマを見たくなる」と感じる方をすべてお答えください。

最も多かったのはドラマを見たくなる脚本家はいない(23.8%)という回答でした。女性は18.8%だったのに対し、男性は28.7%と3割近い方がこの選択肢を選んでいました。
次いで、再放送でも話題の「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」などの野木亜紀子さん(22.9%)、「あまちゃん」「いだてん」などの宮藤官九郎さん(22.8%)という結果になりました。

ドラマを見たくなる脚本家

【研究員コメント「つくるドラマのテイストが脚本家への期待感に影響」】

先日、来年春の朝ドラの主演と脚本家が発表されました。2018年に放送された「透明なゆりかご」と同じ組み合わせの清原果耶さん主演、安達奈緒子さん脚本ということで、期待感が高まります。
今回の調査で私が最も意外だと感じたのは「ドラマを見たくなる脚本家はいない」と回答した方が最も多く、全体の23.8%もいたことです。そこまで気にしてドラマを見ているのは、少数のテレビドラマファンだけなのかもしれません。
今回の選択肢に挙げきれなかった方も大勢いらっしゃいますが、選択肢として挙げた方の中だと7位の林宏司さんが脚本をされている作品は見たいと感じることが多いです。林宏司さんは「医龍」や「トップナイフ」など、医療ドラマのイメージが強くあります。とくに 「コード・ブルー」では2ndシーズンまでの脚本を担当されていて、3rdシーズンからは安達奈緒子さんの脚本となりました。脚本家が変更になったことで作品のテイストが大きく変わったように感じて脚本家の重要性を感じた出来事でした。
また、12位の坂元裕二さんは上位でこそありませんが、作品の中に印象的なセリフがたくさんあり、すごく心に残ります。2017年1月期放送の「カルテット」や2013年1月期放送の「最高の離婚」などは特にそのイメージが強くあります。在宅期間が増えた今、久しぶりに「カルテット」を見返して、さらに好きになりました。
全体的な傾向としては、恋愛ドラマや女性の主人公がバリバリ活躍するドラマのイメージが強い脚本家は、女性の支持が多く、福田雄一さんのような笑える要素の多い作品の方や、男性主人公が様々な苦難を乗り越えて活躍するドラマの脚本家には男性の支持が多くありました。

【脚本家によって広がるドラマの楽しみ方】

選択肢に挙げきれなかった方の中では、お笑い芸人のバカリズムさんの脚本は、おもしろいと感じることが多いです。「こういう人いる!」と思わずにはいられない人物のキャラクターだったり、思わぬところで繋がっている物語があったり、1話ごとのストーリー以外にも楽しめるポイントが満載なので、何度か見返しても新たな発見があると思います。
私は、いつもドラマが始まる時期には一旦すべてのドラマを録画して面白いものは見続けるということをしています。そのため、始まる時期の前にはドラマの情報を調べることになるのですが、キャストやドラマの内容だけでなく「脚本を誰が務めているのか」ということもとても重要な要素のひとつです。
今まで見て面白かったドラマやこれから気になるドラマなど、脚本家を調べてみたら同じ人だった!といったこともあるかもしれません。ぜひ、今まで気にしたことのなかった人には、調べてみてほしいです。


<公開中の自主調査レポート>
2020.04.23公開 vol.1 <注目の新ドラマ&再放送などでも話題の「また見たいドラマ」は?>
2020.05.08公開 vol.2 <ドラマや映画に欠かせない女優&俳優、その評価は?>
2020.05.21公開 vol.3 <ドラマや映画での活躍には本業での活躍が必須?>
2020.06.04公開 vol.4 <世間の約3割はテレビ番組の作り手を気にしていない!?~脚本家編~>
2020.06.11公開 vol.5 <世間の約3割はテレビ番組の作り手を気にしていない!?~バラエティー番組のプロデューサー・ディレクター編~>
2020.06.18公開 vol.6 <多くの媒体で広がる活躍の場、どう思われている?>

お問い合わせ・相談窓口

「調査結果を使用したい」「アンケートを依頼したい」等、お問い合わせについては、下記の「Contact」よりご連絡下さい。


2020年6月4日
パイルアップ株式会社

Contact
お問い合わせ

ご紹介したサービス以外でも
「こんなことができないか?」といった相談があれば、
お気軽にご相談ください

ソルパネの活用をお考えのご担当者様へ

営業時間:10:00~18:00
(土・日・祝・年末年始は除く)

お電話からのお問い合わせ
03-6328-2884
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム